【法人・会社向け】電力コストを削減するなら!おすすめの電気料金(電気代)コストダウン会社5選をご紹介!

コスト削減電力会社ランキング!

電力コストを削減したいなら電力会社を切り替えよう

「会社の電力コストが高い」と悩む全ての人に朗報です。

2000年からスタートされた「電力自由化」への取り組みにより、これまで地域で独占していた電力会社から新規参入した新電力会社へと自由に乗り換えられるようになりました。

電力自由化の取り組みが行われるようになった理由としては、「東京なら東京電力」「大阪なら関西電力」などといった独占体制が問題になっていたことが挙げられます。

電力自由化の取り組みによりこの独占を崩すことで、電力会社の競争が生まれて電気料金は従来より安価になりました

はじめは大規模な企業だけが対象だったのですが、現在では小さな店舗や一般家庭までどんな人でも自由に電力を選べるようになりました。

電力自由化について詳しく知らないと、「大手電力会社じゃないと停電からの復旧が遅かったりトラブルが起きやすいんじゃないの?」と不安になってしまいますが、実はそうではありません。

新規参入してきた電力会社は既存の電力会社のネットワークを利用して送電しているため、切り替えに伴う不備は一切発生しなくなっているのです。

私自身が会社の電力コストを抑えるために調べた知識を活かして、おすすめの電力会社を5つ比較ランキングで紹介しています。

コスト削減電力会社ランキング一覧!

圧倒的な削減率が叶う超優良企業

比較ランキング第1位は、株式会社リミックスポイントです。

株式会社リミックスポイントは多くの大規模施設へ導入実績を持つ東証二部上場の超優良企業であり、政府の省エネ補助金のコンサルティングも行うエネルギーのプロです。

高圧と特別高圧の企業を中心に電力を供給してきましたが、2018年4月からは低圧にも対応可能になりました。

現在では大企業から一般家庭まで幅広く対応しています。

さらに、「新電力×仮想通貨」という独自のサービスを展開していることも株式会社リミックスポイントの特徴です。

驚くのは、他社の新電力事業者より圧倒的な削減率が可能なリミックスポイント。

企業の社長様もびっくりしてしまうほどの値引きになります。

しかも、省エネのエキスパートであり、新電力+省エネで今までのコストが嘘のように感じられるのも事実です。

以前日本経済新聞が発表した伸びる企業ランキングで2位という結果が出ています。

ここまで削減できる理由としては、まさにベンチャー企業の特権かもしれません。

特長
他社では行っていない、コスト削減分相当の仮想通貨(ビットコイン)を付与してくれる会社
契約期間
1年間
供給開始まで
約2~3ヶ月
見積もり相談
03-6303-0328
平日9:30~18:30
または、公式HP「お問い合わせ」より
高圧保安管理業務も行う企業

比較ランキング第2位は、日本テクノ株式会社です。

日本テクノ株式会社は、電気エネルギーに関する総合サービスを提供している電力会社です。

日本テクノは、電力小売だけでなく、電気保安管理もサービスとして展開しています。

契約企業が電力コストを削減しやすいように、様々な独自サービスを提供してくれていることも日本テクノ株式会社の特徴です。

例えば「スマートメーターエリア」や「スマートクロック」という電力使用状況を確認し、省エネに取り組みやすいシステムが導入されています。

さらに、関連企業には太陽光発電事業をトータルサポートしてくれるところがあり、電気に関するどんなことも相談しやすい環境になっています。

切り替えれば電気料金を3%ほど削減できる日本テクノ株式会社。

カスタマーサービスも充実しているため、興味のある人はまず問い合わせてみるといいでしょう。

特徴
電力のコスト削減だけでなく、省エネ対策の提案までサポートしてくれる
契約期間
1年間
※1年後再度年間契約
供給開始まで
約2~3ヶ月
見積もり相談
0120-107-428
平日9:00~17:00
東証一部に上場する「老舗」の電力会社

比較ランキング第3位は、イーレックス株式会社です。

イーレックス株式会社は2000年の電力自由化と共にスタートし、特定規模電気事業者として3番目に登録した「老舗」の電力会社。

1部上場会社であるところから見ると、削減に関しては思ったほど強くなく、もしかしたら、大きい施設などは、優遇して大幅な値引きがあるかもしれないが、中小企業の高圧施設だと、削減率的に考えれば普通の印象を持つ。

しかしながらイーレックス株式会社は大規模なバイオマス発電を実施していることが特徴で、地球温暖化へ熱心に取り組む企業です。

また電力はもちろん、お得な都市ガスを供給していることでも知られており、エネルギー業界の枠にとらわれない新しいサービスも行われていて、活用シーンは豊富に用意されています。

デメリットとしては、「1年間の契約期間が存在していて、途中解約の場合は違約金が発生する可能性がある」というものが挙げられ、その点さえ気をつければ利用しやすい電力会社です。

特徴
全国に様々な販売代理店を保有し、地球温暖化防止にも力を入れる老舗の電力会社
契約期間
記載なし
供給開始まで
約3ヶ月
見積もり相談
03-3548-8221
平日9:00~12:00、13:00~17:00
多くの実績を持つ電力会社

電力会社比較ランキング第4位は、株式会社エネットです。

株式会社エネットは「エネルギー」と「IT」という2本柱でサービスを展開している電力会社。

株式会社NTTファシリティーズと東京ガス株式会社、そして大阪ガス株式会社という3つの企業によって設立されました。

安さの秘密は「営業コストを下げること」などの理由が存在していて、現在契約中の電力会社の料金体系のままで見積もりを提案してくれます。

その際には現在契約中の電力会社の「基本料金」にあたる部分を値引きしてくれ、「株式会社エネットへ切り替えればどの程度の電力コスト削減になるのか」がわかりやすいです。

「いんふぉ・エネット」「EnneSmart(エネスマート)」「Ennet eye」という3つの独自サービスが導入されていて、これらを利用すればさらなる電力コストの削減を期待できます。

オフィスビルやスーパーマーケット、病院をはじめとする民間企業はもちろん、 国公立の学校や自治体庁舎など官公庁でも利用されているため安心して切り替えられますが、中小企業には不向きな点も存在しています。

先ほど紹介した独自サービスの中には「低圧」扱いの契約者が利用できないものもあるからです。

株式会社エネットを最大限に活用するためには「特別高圧」や「高圧」として契約できる企業に利点があります。

特徴
公共施設や大規模施設などのコスト削減に強く、電力共有量も多い
契約期間
契約後、最初の3月検針日前日まで
供給開始まで
記載なし
見積もり相談
0120-19-0707
平日9:00~17:00
燃料価格に左右されない「完全固定商品」あり

比較ランキング第5位は、株式会社F-Power(エフパワー)です。

「エネルギー」と「金融」、そして「IT」という3つの側面から電力事業へアプローチしていることが特徴で、いつも契約者に適正価格での電力を提供できるよう責任感を持って営業が行われています。

さらに、燃料価格の変動に左右されない「完全固定商品」という料金体系が用意されていて、仮に石油などの燃料価格が上昇しても契約期間中は一定の料金で電力を供給してもらえます。

大手電力会社は「燃料費調整制度」というシステムに基づいて電気料金が定められているので、電気料金は燃料価格の変動に影響されてしまいます。

この心配がないのは株式会社F-Powerの大きなメリットなのです。

また、自社発電による電力と他社発電による電力、そして電力市場からの調達という3つの調達ルートが確保されていて、安定的な電力供給が可能になっていることもメリットです。

一方、株式会社F-Powerのデメリットとしては「個人向けのサービスに力が入れられていないこと」が挙げられますが、これは法人にとってはあまり関係のないことでしょう。

特徴
新電力会社として多くの電力供給を行っており、削減効果も大きいと評判
契約期間
1年間
供給開始まで
約2ヶ月
見積もり相談
公式HP「お問い合わせ」より

今回の比較ランキングを決定した基準


比較ランキングの順位を決定した基準は、「それぞれの電力会社を利用して、どの程度電力コストを抑えられるか」という事柄です。

ランキング上位の電力会社を利用するほど、電力コストは抑えやすくなるでしょう。

実は、電力コストを抑えるために必要なのは「電力会社を切り替えること」だけではありません。

もちろん電力会社を切り替えればそのぶん安くなることは事実ですが、それと併せて自社の省エネ対策について徹底的に考えることが大切です。

例えば、社員の節電意識を向上させるための取り組みを行うことや、エアコン・照明など電力使用量の高い設備を省エネタイプに変えることなどが挙げられます。

その他にはEMSを導入することで政府からの補助金を受けることなどもコストダウンの手法の1つです。

EMS(エネルギーマネジメントシステム)とは、工場や事業所などのエネルギー使用機器を管理し、加えてデマンド監視などによりエネルギーを「見える化」することで、エネルギー使用量を最適化・低減するためのシステムのこと。

EMSを設置してエネマネ事業者から支援を受け、「エネルギーマネジメントサービス」と定義する場合もあります。

このように、実は一口に「電力コストの削減」といっても、実施すべき対策は山ほどあるのです。

今回の比較ランキングではこういった電力コストの削減のために必要な対策について、トータルで提案してくれる企業を上位にランク付けています。

おすすめのコスト削減電力会社情報一覧

ランキングの基準をご説明したところで、本サイトのおすすめコスト削減電力会社比較ランキングの情報を簡潔にまとめて一覧にしてみたので、一度おさらいしてみましょう。

それぞれ人気の電力会社で、コスト削減にも定評があるので、特徴などをしっかり把握して存分に検討してみてください。

各電力会社の詳細情報をもっと知りたい方は、本サイトのそれぞれの詳細ページや公式サイトもチェックしてみてくださいね。

イメージ1
2
3
4
5
会社名株式会社リミックスポイント日本テクノ株式会社イーレックス株式会社株式会社エネット株式会社F-Power(エフパワー)
特徴圧倒的な削減力
・クレジット決済も可能
・削減分をポイントバック制度もあるらしい!!
・省エネコンサルもしてくれる
・電力のコスト削減だけでなく、省エネ対策の提案までサポートしてくれる・全国に様々な販売代理店を保有し、地球温暖化防止にも力を入れる老舗の電力会社公共施設や大規模施設などの削減に手掛ける削減効果は高い
契約期間1年間1年間
※1年後再度年間契約
1年間1年間1年間
供給開始まで約2~3ヶ月半年後約2~3ヶ月約2~3ヶ月約2~3ヶ月
見積もり相談03-6303-0328
平日9:30~18:30
または、公式HP「お問い合わせ」より
0120-107-428
平日9:00~17:00
03-3548-8221
平日9:00~12:00、13:00~17:00
0120-19-0707
平日9:00~17:00
公式HP「お問い合わせ」より
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

私のおすすめを厳選したので、どれも魅力的だと思うのですがいかがでしょうか。

一覧にすると細かい違いなどが見やすくなり、より比較しやすいかと思います。

また、おすすめの電力会社としてコストの削減効果は大前提ですが、サポート体制や電気の発電方法にも違いが見えるので、自社の希望や理想にあった電力会社を選びましょう。

電力会社を選ぶ際の注意点を紹介

続いて、こちらの項目では電力会社を選ぶ際に注意したいことをお伝えします。

まず知っておいてほしいのは、「電力会社を切り替えたからといって供給される電気の質が悪くなるわけではない」ということです。

なんとなく「大手企業は安定していて、中小企業は不安定だ」というイメージを持っている人が少なくないのが現状ですが、このイメージは完全な誤解です。

新電力会社と契約をして電力コストが下がったとしても、電気の質が下がったり供給が不安定になることはありません。

なぜなら、新電力会社は既存の大手電力会社の送電ネットワークを介して送電するからです。

送電を担うのは大手電力会社なので、これまでと何ら変わらない環境で電力を使用できます。

切り替えのタイミングで停電が発生したり、電力会社のトラブルで供給がストップしたり、といった心配は一切不要なのです。

簡単に言えば、新電力会社が実施しているのは電気の小売だけ

そもそも電力供給システムは「発電部門」「送配電部門」「小売部門」の3つに分かれています。

発電部門は火力発電や水力発電、風力発電や太陽光発電などを運用して、電力を生み出す業務を行います。

送配電部門は発電所で作った電気を一般家庭やビルなど「電気の消費者」まで送り届けることが業務です。

電力のバランスを調整したり、停電を予防・復旧したり消費者へ安定的な電力を届けるために尽力しているのがこの送配電部門なのです。

そして最後の小売部門が電力を使用する消費者と直接契約を結び、料金設定や契約の手続きなどを実施する部門です。

さらに、消費者が求める電力を発電部門から調達することも小売部門の仕事です。

つまり、小売部門だけを行う新電力会社へ切り替えたとしても送電される電気はこれまでとは変わらないのです。

ただし新電力会社によっては自社で発電所を保有している場合があり、この場合は発電部門も新電力会社が担うことになります。

電力を切り替えることにより変わるのは料金やサービス面。

なぜ新電力会社が安い価格で電気を提供できるのかと言うと、事業を効率化したり様々なコストを削減したりする取り組みを行なっていることが理由です。

これまで大手電力会社に独占されていた市場へ切り込めるのですから、電力自由化以降は多くの新電力会社が市場へ参入しています。

新電力会社の信頼性は大丈夫?


次に、新電力会社の信頼性について解説します。

新しく参入してきた実績のない電力会社から電気を購入するのはなんとなく不安なものです。

しかし、電力自由化が行われたからといって、何の資格もない会社が好き勝手に電気を販売できるわけではありません

電気を販売するためには小売電気事業者として登録する必要があり、つまり新電力会社だからといっても信頼性は確保されているのです。

さらに多くの新電力会社は以前から電力に関わるサービスを提供していた会社であるため、電気に関して全くの素人というわけではありません。

こういった理由から、新電力会社といえど電気に関してはプロフェッショナルなので、安心して切り替えることが可能です。

電力会社選びで失敗しないために知っておくべきこと

電力会社を切り替えることにより電力コストを削減するためには、まず電力に関する料金システムについて知らなければなりません。

ほとんどの場合、電気の価格は「基本料金」と「従量料金」で構成されています。

電力会社を切り替えることで安くなるのは、基本料金の部分であることが多いです。

そのため、料金を比較するときに難しくて複雑な見積もりを判読する必要はありません。

ただし電力会社によって料金システムは異なるため必ず見積もりを取ることが大切です。

電力会社を選ぶ際に注意したいポイントをお伝えします。

まず気をつけたいのは、契約期間や違約金などの項目が契約に含まれていないかどうかを確認することです。

電力会社の中には1年など契約期間を設けているところがあります。

契約期間がある場合、途中で解約すると違約金・解約金が必要になるのがほとんど。

せっかく電力会社を切り替えて電力コストを削減しても、違約金や解約金で余計なコストが発生していては意味がありません。

必ず契約をする前に内容を確認するようにしましょう。

特に、割引制度のある電力会社の場合は違約金が設定されているケースが多いです。

そして、次に確認するべきなのは料金の支払い方法です。

大手電力会社では「銀行振替」に加えて「クレジットカード」や「支払い用紙払い」など複数の支払い方法を選ぶことができました。

一方、新電力会社の場合は支払い方法が「口座振替のみ」「クレジットカードのみ」などと限定されている場合があるので事前に確認しておくことが大切です。

環境へ配慮している電力会社かどうかもチェックしよう


電力会社を選ぶ際に料金体系やサービスばかりが注目されがちですが、実はそれ以外にも注目すべきポイントがあります。

それは、「環境へ配慮している電力会社かどうか」ということです。

電力会社によっては「少しだけ持っている太陽光発電所」を全面的に押し出し、エコのイメージを獲得しようとしているところもありますが、実際には地球温暖化や環境問題に対して真摯に取り組んでいる企業も多く存在します。

そういった企業を見分けるためには、まず発電の方法を確認しましょう

これは「電源構成」とも呼ばれ、それぞれの電力会社がどんな方法で電気を発電しているか確認できるものです。

例えば、天然ガスによる火力発電は石油や石炭による火力発電よりも二酸化炭素の排出量が少ないとされています。

また、水力発電や風力発電など自然の力を利用する発電であればなおのことです。

ただし電源構成の比率を公開するのは義務付けられているわけではないため、あくまでそれぞれの電力会社が公開している情報をもとに判断しなければなりません。

地球環境やエコに関心のある方や、企業へクリーンなイメージを備えたい場合は「環境への配慮」も基準に電力会社を選ぶといいでしょう。

新電力会社へ切り替えるときの心配事について

新電力会社へ切り替えるときの大きな不安として、「切り替えに伴い、初期費用は必要になるのか」という点が挙げられます。

電力会社を切り替える際には基本的に新しい設備は必要なく、検針器を取り替えるだけでOKのところがほとんどです。

これまでは検針員が検針のために歩き回っていましたが、電力会社を切り替える際には「自動検針器」へ取り替えることが多いです。

自動検針器はその名の通り自動で検針を行ってくれる機械であり、この設置費用もかからないケースがほとんど。

つまり、電力会社の切り替えに伴う初期費用はほとんどの場合で不要です。

それ以外の不安としては「切り替えた電力会社の発電所がストップしたら停電するのか」というものがありますが、これについても心配することはありません。

なぜなら、地域の大手電力会社がバックアップとして供給を行ってくれるからです。

これは電力会社に義務付けられているため、どの電力会社を選んでも同様です。

また、電力会社が倒産してしまった場合も、大手電力会社がバックアップしてくれるため電気がストップすることはありません。

もしこれ以外にも不安なことがある場合は、直接電力会社へ問い合わせてみるのがいいでしょう。
 

 

記事一覧

電気代を少しでも安く抑えたいと考えている人も多いのではないでしょうか。毎月の電力の使用量が多ければその分電気代 ・・・[続きを読む]
電力コスト削減のために専門会社に相談するとさまざまなプランを提案されます。その依頼をするときに見積もりを取ると ・・・[続きを読む]
電力コスト削減会社に相談してサービスを受けるときにはどんな費用がかかるのかが気になるでしょう。 サービスの内容 ・・・[続きを読む]
毎月の電気代が高くて困っているという家庭も多いでしょう。 電力コスト削減会社に依頼して、何とかして電気代を安く ・・・[続きを読む]
2016年4月から始まった電力完全自由化によって消費者は好きな電力会社を選ぶことができるようになりました。 し ・・・[続きを読む]
定期的な電力会社の見直しは、電気料金削減にとても重要です。 今後の利益を増やすためにも、電力会社の切り替えで失 ・・・[続きを読む]
電力自由化により、会社を自由に選ぶことができるようになっています。 特に、従来の会社から新電力に変えるというよ ・・・[続きを読む]
皆様は、現在の電気料金に満足しているでしょうか。 使用量のわりに電気料金が高く感じる、自分のライフスタイルに合 ・・・[続きを読む]
電気代のコスト削減をしたいと考えている人は少なくありません。 それくらい電気代は予算を圧迫するものですからしっ ・・・[続きを読む]
電気代が気になるなんて際にはコスト削減の工夫をしてみると良いでしょう。 例えば、エアコンは家庭の電気代の大半を ・・・[続きを読む]
電気は生活だけでなくビジネスにも欠かせないものですが、電気代は家庭と法人で違うことを知っていますか。 これはあ ・・・[続きを読む]
電力を使わないようにすることでコスト削減を実現することが出来ます。 コストをかけずに行うことで大きなメリットを ・・・[続きを読む]
電力自由化に伴い選択肢が自由になると同時に電気会社同士の競争も生まれたことから、ポイント還元や電気料金の引き下 ・・・[続きを読む]
企業や一般家庭において電気代を削減する方法にはさまざまな方法がありますが、効率的にコスト削減できる方法を知って ・・・[続きを読む]
電力自由化に伴い、大規模や企業はもちろん中小規模の一般的な家庭でも電気会社を選ぶことができるようになりました。 ・・・[続きを読む]
企業にとってはコストを下げることで利益のアップにつながる可能性があります。 特に行動をしなくても、ちょっとした ・・・[続きを読む]