【法人・会社向け】電力コストを削減するなら!おすすめの電気料金(電気代)コストダウン会社5選をご紹介!

電力コスト削減会社との契約後の流れとは

公開日:2019/07/15  最終更新日:2019/05/31

電力コスト削減会社に相談して本格的にサービスを依頼しようと決めたら、どのような流れで手続きや工事が進められていくのでしょうか。

プランを決めて契約してから、実際にサービスが運用されるようになるまでの典型的な流れを確認しておきましょう。

 

供給会社の切り替えをするケース

電力コストを削減する方法として比較的簡単なのが供給会社を切り替える方法で、依頼をしたときにも提案されることは珍しくありません。相談先の会社自体が電気の供給を担っていることが多いでしょう。

この場合には契約をしたら基本的な手続きは全てお任せでき、数日から数週間の間に切り替えが完了します。大まかには今まで供給してもらっていた会社に連絡をして解約手続きを行い、新しい会社と契約をして供給開始をしてもらい、この変更があったことを対応するエリアの送電会社に通知するというのが流れです。

この一連の手続きを代行してもらえるので、契約を締結したら必要書類に記入して提出するだけで問題ありません。

 

電気の自動制御装置などを利用するケース

設備を使用して電気消費量を減らすことを目指す場合にはサービスの本格稼働まで2ヶ月から3ヶ月程度はかかります。これほどの期間が必要なのは、必要な機器を選定して手配し、工事をして設置した上で運用できるように設定をしなければならないからです。

導入する設備によって流れには違いがありますが、比較的時間がかかるケースとして典型的な自動制御装置の導入をする場合を例にとってみましょう。

まず、自動制御装置の本体やその動作のために必要な測定機器などを選定するためにどのくらいの電力がどこで使用されているのかを予備測定します。その測定結果に基づいて省電力効果が高いと期待される設備の仕様を考案し、具体的なプランの内容と節電効果の試算、工事にかかる費用の見積もりを揃えて提案してもらうというのがスタート地点です。

機器の選び方や設置方法などによって初期費用も異なるので、コストパフォーマンスに主眼を置いた議論をしてどの仕様にするかを決定します。

それが決まったら工事業者や設備の手配をしてもらい、工事予定のプランを提案してもらうのが一般的です。そして、工事に関わる契約を締結して設備を設置と機器の初期設定をしてもらった後、利用方法についてのレクチャーを受けると利用を始められます。

 

継続的なコンサルティングがあるケース

電力コスト削減会社が提供するサービスの中にコンサルティングが含まれていることもよくあります。供給会社の切り替えや節電設備の導入を行った後、電気代がどれだけ安くなっているかを確認しつつ、その後に計測されたデータから考えて他にコスト削減できる可能性がないかを相談できるサービスです。

継続的にコンサルティングを受けられるケースでは、サービスが開始されてから定期的にコンサルタントが訪問してくれる仕組みになっている場合が多くなっています。コンサルティングの頻度は会社によって違いますが、毎回日程調整をしてもらうことが可能です。

また、初回についてはサービス導入後にトラブルが起こっていないことを確認する目的もあり、二週間から1ヶ月を目安にしてコンサルティングが行われるのが一般的です。継続的なコンサルティングがない会社の場合でも、アフターフォローとして1ヶ月後、半年後、一年後などに状況を確認してもらえるシステムになっている会社が多くなっています。

 

電力コスト削減会社と契約をしたら供給会社の切り替えや設備の導入が同時に進められていきます。供給会社の切り替えに必要な手続きは代行してもらえるため、必要書類に記入するだけで短期間で切り替えが終わるのが通例です。

設備の導入の場合には予備測定を実施して、その結果に基づいた仕様を提案してもらいます。その詳細を詰めた上で工事の手配をしてもらい、設備の導入を終えたらサービスを使い始められます。その後もコンサルティングやアフターフォローを受けられるシステムになっているのが一般的です。

サイト内検索
コスト削減電力会社ランキング!
記事一覧