【法人・会社向け】電力コストを削減するなら!おすすめの電気料金(電気代)コストダウン会社5選をご紹介!

電力のコスト削減の対策を考えよう

企業にとってはコストを下げることで利益のアップにつながる可能性があります。

特に行動をしなくても、ちょっとした見直しをするだけでコストが下げられる可能性があります。

電気料金を下げる工夫ができないか検討してみましょう。

 

 

提供会社の見直しを検討してみる

電気を利用するには提供会社と契約をしなければいけません。

かつてはそれぞれの地域ごとに特定の提供会社があり、その提供会社しか利用することができませんでした。

その会社が用意するプランや料金を利用するしかなく、他の地域でお得な料金を提示していても利用はできませんでした。

電力のコスト削減の対策として、提供会社の見直しを検討してみましょう。

今は自由化によって複数会社から提供会社が選べるようになっています。

一般家庭だと電気代自体があまりかからないので会社を変えたからと言って大きく変わらないこともありますが、法人などは使う電気量が多いので大きく変化するときもあります。

まずは複数の提供会社のプランをチェックし、今の料金と比べてどうなるかを調べてみましょう。

明らかに安くなるのであれば別の会社へ変更すればよいでしょうし、大きく変わらないのであればもう少し様子を見ても良いでしょう。

自由化は始まったばかりなので、これから業者の差が出始めます。

もう少し様子を見てから比較しても問題はありません。

 

利用状況に合わせた契約電力に見直し

電気料金の計算方法として、基本料金に従量料金を加算する方法が一般的です。

よく使うのであれば、基本料金は多少高くても従量部分の率が低い方が安くなるかもしれません。

逆にあまり使わないなら基本料金を減らして従量部分の率を上げてコストダウンできるときもあります。

電力のコスト削減の対策として、契約内容の見直しがあります。

利用する時には契約をしますが、どんな料金のかかり方になるかを選択できます。

当初から十分考えて決めた時もあるでしょうし、何となく決めてしまっているときもあります。

まずは今の会社の中で料金がどう変化するかを調べてみましょう。

それで大きく下げられるなら、早めに契約を変更しましょう。

せっかくなら他社との比較もした方がいいでしょう。

それぞれの会社で基本料金と従量でかかる割合が異なります

過去1年の電気の使い方などを調べてみて、それに当てはめるとどれくらいになるかを計算してみます。

大きく変わるのであれば検討した方がいいでしょう。

事業拡大で電気をもっと使いそうなときは、それも考慮しましょう。

 

電気を使う機器の買い替えを検討

電気は電気製品を動かす時に使います。

家庭であれば家電製品で使うため、エアコンや冷蔵庫などはどれくらい省エネかなどを考えながら選んだ方がいいとされています。

では企業において電力のコスト削減の対策をするときにはどうするかですが、企業内でも多くの電気製品を使っています。

エアコンはビルに設置しているものでしょうから独自には変えられません。

冷蔵庫は社員用に置いているところもありますが、何台も置いていなければそれほど影響しません。

企業内ではIT機器がたくさんあり、それらが大きく影響する可能性があります。

パソコンやサーバー、その他の機器の買い替えを検討すると良いでしょう。

パソコンの中には法人向けと呼ばれるタイプがあり、企業で使うのを前提にした省エネモデルが用意されています。

一台当たりでそれほど削減できないとしても、それが100台以上もあれば大きく変わる可能性があります。

IT機器には耐用年数などもあるでしょうから、耐用年数を過ぎたものから順次に省エネ性能が高いものに変えると良いでしょう。

 

電気の供給を受ける会社が自由に選べるので、より安く利用できるところへの変更を検討してみましょう。

その他プランの変更をすると料金を下げられる場合もあります。

企業内で利用する電気製品を買い替えて減らせる可能性もチェックしましょう。