【法人・会社向け】電力コストを削減するなら!おすすめの電気料金(電気代)コストダウン会社5選をご紹介!

電力の仕組みを理解してコスト削減をしよう

公開日:2019/10/01  最終更新日:2019/09/11

契約会社を変更する・プランを違うものにする等といった方法でコスト削減を考えている方もいるかもしれませんが、電気流れなどの仕組みを知り、そこから電気料金を節約できる行動をとることができる可能性があります。

日頃からのちょっとした心がけだけでコストが削減できるのであれば、これに越したことはありません。

どの部分が工夫すれば節約できるのかを知ろう

まず、仕組みを知る前に、電気代のどの部分が節約できる可能性があるのかという点を確認する必要があります。電気料金は基本料金や電力量料金、さらには燃料費調整額などからなっています。

この内、ユーザー側の取り組みで料金を節約できる可能性があるのは電力量料金です。基本料金はプランの見直しでしか変更できませんし、燃料費調整額は世界情勢や国策などでしか変更できません。なので、この部分をいかに少なくできるかがコスト削減への大きな第一歩です。

この料金の計算方法ですが、電力量料金単価に使用した量を掛け合わせたものが月の電気料金になります。そしてその内電力量料金単価は、使用した電気量により単価が変わり、大まかにいえば使えば使うほど単価が上がっていきます。

基本を知り節約行動の手がかりにする

まずはここで電力の基本をおさらいしましょう。教科書などに書いている定義的にいえば、単位時間に電流がする仕事量のことをいいます。具体的にいえば1秒間や1分間などといった任意に定めた時間内に、どれだけの量の電流が流れるかということが電力量、ひいては料金を決める大きな要素となっています。

例えば、起動時に大量のエネルギーを使い、起動後は徐々にエネルギー使用量が下がっていくパソコンなどを大量に同時に立ち上げたりすると、単位時間に流れる電流量が大きくなり、その瞬間の電力量が大きくなるということが考えられます。できる限り立ち上げの際に電気量を消費するものは、同時に起動させないようにするということがまずコスト削減のために気を付けるべき点といえるでしょう。

現場によって見直すべき点は大きく違う

一言で電力コスト削減をするといっても、その業種や業態などにより見直すべきポイントは大きく違ってきます。例えば、食品などの管理をおこなう飲食店などでは、食品の鮮度を保つために空調設備などが他の事業所などより多い傾向にあります。

空調の電気使用量を減らすためのポイントは、室外機は熱された室内の熱を外に放出して、代わりに冷えた外気を取り込んでそれをさらに冷やして室内や設備内の冷却をするという仕組みになっています。

この外気を冷やす作業が少なければ少ないほど消費量は抑えられるので、コスト削減のために室外機の冷却ということが大事になってくるのです。室外機が常に日陰の状態になるようなひさしを設置したり、室外機に熱がこもらないよう周りに荷物を置かないようにするなどといった工夫をすることが大事になります。

また、パソコンを一斉に使うような職場や組織であれば、同時にパソコンを立ち上げないようにして瞬間に電力消費量が跳ね上がるのを防いだり、パソコンの冷却方法などを見直すという方法が考えられます。

さらにオフィスや事業所などの稼働する時間を統一し、早出や残業を極力減らしたり、効率よく室内全体を明るくできるような照明器具に替えるなどするのも効果的です。どんな業種でもできる節約やその業種ならではの節約法を組み合わせて、効率よく節電をおこないましょう。

 

電気料金のコスト削減に大事なのは、その節電方法がなぜ有効なのか、なぜこの方法を取るべきなのかといったことを理解したうえで節電をする行動をとる必要があります。

電力の仕組みを知ってなぜいろいろな電気機器などを同時に立ち上げてはいけないのかということが分かることで、コスト削減に対する取り組み方も変わってくるでしょう。無駄なコストは極力削減して、本当に必要な部分に投資できるような環境づくりに努めていきましょう。

サイト内検索
コスト削減電力会社ランキング!
記事一覧