【法人・会社向け】電力コストを削減するなら!おすすめの電気料金(電気代)コストダウン会社5選をご紹介!

自分でできる効率のいい節電方法とは?

公開日:2019/10/15  最終更新日:2019/09/11

電力コスト削減会社の存在があるなか、自分でできる効率のいい節電方法があるのならば、それはどんな方法なのでしょうか。

空調や照明、給湯をなるべく少ない電力やガスでおこなうのなら、省エネ対象の家電や設備ともいわれています。

省エネ家電や省エネ設備を利用してみよう

コスト削減電力会社に依頼することのほうが面倒ではないものの、個人的に自分でできる節電方法があるのならば実践してみたくもあります。例えば、省エネ家電や省エネ設備を導入してみるのもおすすめです。あまり我慢することなく、省エネ対策しつつも快適性を得ることができます。

住宅用のエアコンや高効率給湯器などは、ヒートポンプを使って外気の熱を利用するので、一般的な機器と比較して消費電力当たり、数倍の熱量を冷暖房や給湯に活用できます。ちなみに、伝統的な日本の住居は、高温多湿な夏を中心に考えられ、通気性を重視した構造でした。

現在は、冷暖房の設備が普及し、従来の構造では効率が悪いことが判明し、注目されたのが高断熱・高気密住宅なのです。外部からの熱の影響がなければ、少ないエネルギーで室内環境を快適に保つことができ、冷暖房費の節約にも繋がります。税制や補助金の優遇制度も利用できます。

明るさが変わらない照明器具に変えてみよう

自分でできる節電方法、まずはこまめに電源を切ることでしょう。待機電力の問題もあるのでコンセントは根元から切りましょう。また、太陽光を部屋の奥にまで取り入れて自然照明として活用する、夏季は夜間の涼しい風を自動的に取り入れて自然冷房という方法もあります。

プチリフォームが必要ですが、窓のサイズなどから手軽・気軽に取りかかることができます。自然照明には、自動ブラインドや光ダクト、光ファイバーなどを取り入れた太陽光採光システムがあります。夜間の涼しい空気を利用したいのならば、自動窓開閉装置や自動シャッターなどがあります。

自分でできる効率的な方法では、LED照明と有機EL照明にすることです。発光効率が高く、同じ明るさを得るための消費電力は、従来の白熱電球にくらべて少なくなります。有機EL照明も、高効率な照明器具としての活用が期待されています。家電量販店でも取り扱われているため手軽さでいえば1番でしょう。

自然のものや素材を上手に使ってみよう

自分でできることがあるならば、電力会社に電力量を抑制する工事を依頼しましょう。家電を1度に使うことにより、ブレーカーが落ちた経験があるのなら、家電を買い換えるのと同時に、ブレーカーの電圧をさげる工事をしましょう。

コスト削減であれば、自然のエネルギーを上手に活用しましょう。例えば、植栽で室内を涼しくすることができます。家の周りに緑の環境をつくるだけです。日射しが入り込む南側に落葉樹を植えれば、夏は日射しを遮り、冬は葉が落ちて、太陽の熱を室内に取り込めます。雨水さえも活用できます。

屋根面に降った雨を雨樋で集めるだけですがトイレの洗浄水に利用できます。ほかに、シーリングファンで空気をかくはんし、冷暖房効率をアップさせられます。もちろん、機械設備を使って太陽などの自然エネルギーを利用するのが1番おすすめです。

住宅で一般的に取り入れられている太陽光発電のシステムは、電力会社のサポートがある連携タイプです。余ったら買い取ってもらえるのは魅力です。しかし、自分でできることとなれば、自然素材を使うこともよい方法です。和紙や珪藻土などを壁などにもちいるだけで、湿度を調整してくれます。

 

自分でできる、ここがカギを握るものの、効率のいい方法は家電や設備を新しくすることです。住宅をまるごとリフォームすることもおすすめで、定番の省エネ家電は価格も割安です。

また、照明もLED照明に変えるだけで効率は高まります。熱と湿度を交換することにより、換気によって失われるエネルギーを減らし、空調効率を高めるなど、さまざまな方法がとれます。まずは、電力会社に頼らずに自分でできることから変えてみましょう。

サイト内検索
コスト削減電力会社ランキング!
記事一覧