【法人・会社向け】電力コストを削減するなら!おすすめの電気料金(電気代)コストダウン会社5選をご紹介!

効率的な電力のコスト削減方法とは?

企業や一般家庭において電気代を削減する方法にはさまざまな方法がありますが、効率的にコスト削減できる方法を知っておく事が大切です。

毎日使う電気だからこそ、少しずつ削減していく事の積み重ねによって、大幅に電力消費量を削減していく事が可能になります。

 

 

 

電気代を大幅に削減する際のポイント

電気代を削減しようとするのであればどのような箇所で無駄な電気が使用されているのかをしっかりと把握する事が大切です。

企業においては個人個人がそれぞれ無駄な電気代を削減していく事によって、大きな電気代の削減へとつなげる事ができます。

社内の照明設備をLEDに変更したり電力の自動制御などを行う事によって、普段通り電気を使用していても電気代を削減する事ができます。

また毎日使用する電気製品や業務機器の中には無駄な電力を消費している機器や製品があるので、それらを見直す事でも全体のコストを抑える事ができます。

毎日使用しているパソコンがデスクトップ型のパソコンであれば、消費の少ないノートパソコンにするなど身近なところから始める事ができます。

また印刷機やFAXなどを複合機に一元化する事によって、機器の台数自体を少なくして電気代を削減する事ができます。

企業や家庭の規模であったり環境にあわせて設備を見直すことによって、効率よく全体の電気代金を抑えることが可能になります。

 

自動で電気代を抑える事ができるシステムを利用する

照明設備をLEDに変更した後もしっかりと無駄な時間の消灯などを心がける事によって、更に電気代を削減する事が可能になります。

照明にかかる費用は消費電気と点灯時間によって決まってくるので、消費電気だけではなく点灯時間も削減する事が重要になります。

必要のない時には自動で消灯するシステムを取り入れる事によって、点灯時間を抑える事ができ無駄な電気代を削減する事ができます。

人の動きを検知して点灯や消灯する人感センサーを取り入れたり、集合スイッチまで行かずに小まめに部分的に消灯する事ができるシステムで無駄な電気代を削減できます。

パソコンなどはある一定の時間が経過すると自然に画面を暗くする設定などにしておく事によって、離席した際に無駄な電気を削減する事ができます。

エアコンなどの一度に大きな電気を消費する設備等では、何度もスイッチを入れたり切ったりするよりもそのまま運転にしておいた方が良い場合もあります。

一度スイッチを切る際には次にどれだけの時間が空いた後にスイッチを入れるのかを考え、そのままオンにしておくのかどうかを考える事が大切です。

 

リアルタイムで電気の状況を監視できるシステム

電気代の基本料金とは過去1年間のピーク消費電気を元に決定されるので、最大需要電気を抑える事で電気代の基本料金を下げる事ができます。

リアルタイムで電力の利用状況を確認する事ができるデマンド監視装置を利用する事によって、設定したデマンドに近づくとメールで通知を受ける事ができます。

デマンド値をリアルタイムで把握する事で、デマンドまでに余裕がある時に電気消費をシフトするなど節電に取り組む事が可能になります。

クラウド化によって機器を社外に配置して消費電力をカットするなど、電気代削減の方法にはさまざまなアプローチがあります。

空調に大きな電気代がかかっているなど部分的にどのように電気代がかかっているのかを把握する事ができれば、システムの一元化などを検討できます

設定温度の一元管理をする事ができたり、サーバー維持の電気代を抑えるためにクラウド化して社外に配置するなどの方法を選択する事ができます。

具体的にどの部分の電気代を削減する事ができるのかを検討するのであれば、専門の業者に依頼する事によって追求する事ができます。

 

企業や家庭において無駄な電気代を削減しようとするのであれば、どの部分に無駄な電気が使われているかを把握する事が大切です。

効率よく電気代を削減するために専門の業者に相談するなどして、無駄な電気代の削減方法を追求する事が重要になります。

サイト内検索
コスト削減電力会社ランキング!