【法人・会社向け】電力コストを削減するなら!おすすめの電気料金(電気代)コストダウン会社5選をご紹介!

電力のコスト削減を効率的におこなう方法とは?

公開日:2019/09/15  最終更新日:2019/07/19

光熱費を削減できれば家計が助かり、さらにその分、貯蓄することも可能になります。

電気のコスト削減のため、これまでさまざまな方法を試したけど、あまり効果がなかったという人も多いのではないでしょうか。

電気のコスト削減はその仕組みを理解し、効率的におこなうのが一番です。

ここではその方法を見てみましょう。

 

電力効率の良いLEDへの取り替え

電力のコスト削減の方法はいろいろとありますが、そのひとつが、現在使用している照明の見直しです。自宅やオフィスなどではさまざまな照明を使用していると思いますが、昔の照明をそのまま使っているところもあるのではないでしょうか。その場合、早めの取り替えをおすすめします。最近は電力効率の良いLEDが一般的になっており、昔の照明をLEDに取り替えることでコスト削減を図ることができます。

例えば、オフィスで消費されている電力の、およそ1/4は照明に使われていると言われています。そのためオフィスで使用している照明を全てLEDに取り替えることで、大幅なコスト削減を実現できます。白熱電球や蛍光灯などと比べ、LEDは消費電力が少ないことから、毎日使用する照明代の削減が可能になるのです。

またLEDは、白熱電球や蛍光灯などと比べて圧倒的に寿命が長いのが特徴であり、そのため、照明を交換する手間はもちろんのこと、費用や備蓄スペースなども大幅に削減することが可能です。

このように照明をLEDに変えることで、電気のコスト削減やそれ以外の効用も得られるようになります。もちろん、オフィスだけでなく家庭でも有効です。電気のコストに不安を抱えている方は、一度検討してみる価値はあるでしょう。

 

家庭やオフィスでの電力スイッチの交換

電気のコストを削減する方法としては、スイッチなどの交換も有効的です。現在、家庭やオフィスではどのようなスイッチを使用しているでしょうか。手でつけたり消したりする、そんなスイッチを利用しているところも多いのではないかと思います。それでは、かえって電力のコストの増加に繋がりかねません。

電気のコストの削減を考えているのであれば、思い切って、無線スイッチや人感センサーなどを導入してみるのもひとつの方法と言えます。無線スイッチや人感センサーなどを導入することで、ムダな点灯時間を削減でき、コスト削減へと繋がります。

ちなみに照明にかかるコストは、消費電力と点灯時間を乗じることで決まります。そのため、消費電力はもちろんのこと、点灯時間も削減することで大幅な電気代削減に繋がるというわけです。

 

これまでの最大需要電力を抑える

電気のコストを削減する方法としては、基本料金の決め手となるデマンド、つまり最大需要電力も大きく影響してきます。最大需要電力を抑えることで、電気代を削減することも可能です。

電気代の基本料金というのは「過去1年間のピーク最大需要電」をもとにして決定されます。そのためそのデマンドを抑制することで、これまでかかっていた電気代の基本料金を下げることも可能になるのです。

さまざまな方法がありますが、例えば、電気の利用状況をリアルタイムで監視できるような装置を利用するのもひとつの方法と言えます。これにより、コスト削減のために設定したデマンドに近づいた際、メールなどでそのことを知らせてくれるようになります。このように電気の容量をリアルタイムで把握することで、基本料金の抑制や削減の実現が可能です。

 

電気削減の方法にはさまざまなアプローチがありますが、大切なのはそれぞれに合った方法を試みることです。また、日頃から省エネ対策に取り組むなど、ひとりひとりの心掛けも必要です。

効率的な方法に加え、ひとりひとりが目的意識を持つこととで、より多くの削減が可能になります。電気コストを削減することで、オフィスや家計にかかっていた負担を大幅な減らすことができます。それぞれに適した削減方法で、効果的なコストの削減をおこないましょう。

サイト内検索
コスト削減電力会社ランキング!
記事一覧