【法人・会社向け】電力コストを削減するなら!おすすめの電気料金(電気代)コストダウン会社5選をご紹介!

法人向けの電気代の計算方法は一般家庭と違いがある?

電気は生活だけでなくビジネスにも欠かせないものですが、電気代は家庭と法人で違うことを知っていますか。

これはあまり知られていませんが、場合によってはその差がかなり大きくなってくることもあります。

こうした豆知識を知っておけば何かと役立つこともあるでしょう。

特に思わぬ方法でコスト削減できることも知っておくことが大事です。

ここではそんなコスト削減などに関わるポイントを紹介していきますので参考にしてみましょう。

電気代は家庭と会社で料金が異なってくるのかを知る

電気代は家庭と会社では変わってきます。

これは地域や電力会社によっても変わってきますが、その差はかなり大きいこともあります。

地域によっては家庭のほうが安い電気代が設定されていることもありますし、会社のほうが高く設定されていることもあります。

とはいえ、基本的に法人向けの電気代はより安く設定されていることが多いです。

これは会社向けの電気代を安くすることによって会社や工場をより誘致するといった目的もあります。

いずれにしても会社と家庭の電気代はかなり違ってくることもあると知っておくと良いでしょう。

 

コスト削減に役立ってくるポイントについて

コスト削減をしたいという場合にはしておきたいことも多いです。

例えば、法人向けのクレジットカードで支払うようにするのも良いでしょう。

こうしたクレジットカードで支払いをすることによって、会社の電気代が安くなってくることもあります。

電気代が安くなれば、それだけ他のコストにお金を回していけますから積極的に取り組んでいきたいところです。

電気代削減をしたいという場合には、コンサルタントに相談してみるのも良いでしょう。

コンサルタントに相談することによって、電気代削減のためのコツを色々と紹介してもらえます。

コンサルタントを雇うと確かにお金はかかりますが、それだけの価値は確かにあるのです。

例えば、古いエアコンを新しいエアコンに換えるといった対応策を紹介してもらえます。

他にも、ビルは大変熱効率が悪いものです。

これは窓もその要因の一つですが、コンサルタントに相談することによって、色々な解決策を提示してもらえますから活用しておくと良いでしょう。

 

こんなコストを下げる方法もあります

コスト削減方法は他にもいくつもあります。

例えば、電気代予算を部署ごとに設けてみると良いでしょう。

予算を部署ごとに設けることによってそれぞれの部署も「電気代を削減して予算を浮かせよう」と自分たちで工夫してくれるようになってきます。

これは規模の大きな会社の場合にはかなり有効です。

他にも電気会社に相談してみるのも良いでしょう。

電気会社に相談することによって電気代を交渉できることもあります。

このため、電気代が高くて困っているといった場合には活用してみてください。

加えて、電気代を分析することも大事です。

一体どのくらい電気を使っているのか、電気代は他の会社と比べてどれくらい高いのか、電気代の単価はいくらかといったことを知ることによって対策も建てやすくなってきます。

どんな問題もしっかり分析することでその解決策が見えてくるものです。

また、オフィス移転をしてみるといったことも良いでしょう。

オフィス移転をしてみることによって劇的に電気代が減らせることもあります。

確かにオフィス移転はコストがかかってきますが、それだけ効果がある方法であることを理解しておきましょう。

 

電気代は会社と家庭で異なってきます。

こうした違いは地域によってはかなり大きくなることもありますから注意しておきたいところです。

他にも電気代を下げたい場合にはコンサルタントに相談してみたり、新設備を導入してみるのも良いでしょう。

そうすることによって大きくコストが下がる可能性があります。

特に電気会社と交渉することはかなりおすすめです。