【法人・会社向け】電力コストを削減するなら!おすすめの電気料金(電気代)コストダウン会社5選をご紹介!

電力コスト削減会社に依頼すると設備費用がかかる?

公開日:2019/05/15  最終更新日:2019/05/16

電力コスト削減会社に相談してサービスを受けるときにはどんな費用がかかるのかが気になるでしょう。

サービスの内容によっては大型の設備を導入することもありますが、電力コスト削減会社にサービスを依頼すると設備費用の支払いが必要になるのでしょうか。

 

大型設備が必要なときには費用がかかるのが一般的

電力コスト削減のために大型設備を導入するというケースがあります。例えばどこでどのくらい電気を使っているのかを計測する機器を設置し、そのデータをリアルタイムで観測して機器の自動制御を行うようなシステムを導入することが可能です。

このような大掛かりなシステムを導入するときには通常は設備費用を請求されることになります。機器そのものの購入費用に加えて、オフィスや工場などに設置して使用可能な状態にするための工事費用も払わなければなりません。

さらにシステムを初期設定するための費用も含めて、まとめて設備費用として請求されることが多いでしょう。その内容に応じて数十万円から数百万円程度の負担をすることになります。これは初期費用なので依頼をして工事をしてもらうときに払わなければなりません。事前に電力コスト削減会社から見積もりを取って予算を確保しておく必要があるでしょう。

 

設備費用がかからないこともある

比較的小規模な設備を導入するときには、サービス開始に至るまで設備費用を一切払わなくて良い場合もあります。初期費用として一度に負担するのは厳しいというケースも少なくありません。

そのような状況でも気軽にサービスを依頼してもらえるように、設備費用の負担をなくしている会社もあるのです。ただ、無料で設備を提供していると電力コスト削減会社も利益を上げられずに倒産のリスクを抱えてしまいます。

初期費用として請求しない代わりに、月額費用から設備費用分も回収する仕組みになっているのが一般的です。最初に設置が必要になった機器の価格や工事費用などの内訳を明確にして、月額費用に上乗せしているケースはあまりありません。

もともと高めの月額費用にしておき、契約の最低期間を設定しておくことで十分に回収できるようにしてあるのが一般的です。月額料金は定額のところもあれば、コストを削減できた分の一定の割合を支払う形になっていることもあります。

後者の場合には成果報酬になるので、もし設備を入れてもあまり大きなコスト削減にならなかったという場合にはほとんど費用を払わなくて済むのが魅力です。逆に大きな節約になったときには支払い額も大きくなってしまうため、どちらの料金システムの方が良いかはよく考えて選ぶ必要があります。

 

電力会社の切り替えだけならそもそも設備が不要

電力コスト削減会社の中には電気の供給を担っている会社もあります。このような会社に依頼した場合には供給会社の切り替えを行うのが一般的で、それに伴って設備を導入しなければならないことはほとんどありません。

電気の使用状況を確認するためにメーターなどを設置あるいは交換することがある程度で、その費用は負担してもらえるのが通例です。やり方によってはそもそも設備費用がゼロになるということも念頭に置いておきましょう。

 

電力コスト削減会社に依頼すると制御装置などの大掛かりな設備を導入する場合がありますが、その設備費用は初期費用としてまとめて請求されるのが一般的です。しかし、比較的小規模な設備のときには最初に払わなくて良いこともあります。

その代わりに契約期間が定められていて、月額料金を高めに設定して設備費用を回収される仕組みになっている会社がほとんどです。また、依頼する内容によっては設備を導入する必要がないこともあります。

設備費用が気にかかる場合には、電力供給会社の変更のように設備なしで行えるコスト削減方法を探してみるのが良いでしょう。

サイト内検索
コスト削減電力会社ランキング!
記事一覧