【法人・会社向け】電力コストを削減するなら!おすすめの電気料金(電気代)コストダウン会社5選をご紹介!

一般家庭でも電力コスト削減会社に依頼できる?

公開日:2019/05/01  最終更新日:2019/05/16

毎月の電気代が高くて困っているという家庭も多いでしょう。

電力コスト削減会社に依頼して、何とかして電気代を安くできないかと思う人もいるかもしれません。

このような会社は一般的には法人向けのサービスを行っていますが、一般家庭でも利用することができるのでしょうか。

 

法人向けの電力対策は個人ではコストに見合わない

電力コスト削減会社が法人向けに行っているサービスは大規模な設備を導入して電気代を合理的な方法で低減させられるようにするのが一般的です。電力計測装置を設置し、使用する電気を自動制御するためのシステムを導入して節電を行えるようにしています。

これはオフィスや工場などでは無数の電気機器を同時に使用していて、その操作をしている人も大勢いるので、専用の機器を使わずに徹底した節電をするのが難しいからです。一般家庭なら家族の人数も少なく、使用している家電の数もあまり多くはないので、使わないものは電源を切ったりコンセントを抜いたりするのを徹底するのはそれほど難しくはありません。

そのような取り組みをしたほうが大規模な機器を導入するよりも合理的でしょう。導入に際しては多大なコストがかかる上、その制御装置を稼働させておくために電気代も必要になるからです。

そのため、電力コスト削減会社のサービスは法人向けになっていて一般家庭からは依頼を受け付けていないことが多くなっています。ただ、コストに見合わないから結論として設備を導入しないほうが良いという結論に達してしまうことが理由なので、相談して実際にどのくらいの電気代の削減が見込めるのかを試算してもらうことは可能です。

設備の設置場所がある場合に、どんな結果になるのかが気になったら相談してみても良いでしょう。

 

電力会社を選び直すことは個人でも可能

大規模な設備を使う節電方法の場合にはコストに見合わないものの、電力会社を選び直すことによるコスト削減は一般家庭でもできます。電力コスト削減会社の中には供給会社としても活躍していたり、事業パートナーとして供給会社と提携していたりするところも少なくありません。

このような会社では新たな設備導入を伴わない節電方法も提案してもらうことが可能です。ただし、一般家庭を対象にしている会社はあまり多くはなく、個人向けのサービスをしているかどうかは個々に確認する必要があります。

もともと事業規模で使用する高圧のものを供給するのが前提になっていて、一般家庭に比べると大量に電気を使うときにメリットが生まれる料金設定にしてある場合が多いからです。それとは別に個人向けの供給システムを準備していて、家庭の事情に合った料金プランを作っている会社であれば電気代を下げられる可能性があるでしょう。

 

提携会社を持っていることもある

法人向けの電力コスト削減プランを提供している会社では依頼を受け付けてくれなくても、個人向けにサービスをしている提携会社を持っていることもあります。魅力的な節電プランを持っている会社であれば、まずは問い合わせをしてみて提携会社を紹介してもらうのも得策です。

同じ方針で節電への取り組みをしている会社を紹介してもらえる可能性があり、納得してコスト削減のプランに申し込むことができるでしょう。提携会社があるかどうかはそれぞれ異なるので、興味のある会社が見つかったら電話やメールなどで連絡して確認してみるのが賢明です。

 

電力コスト削減会社が行っているサービスは、基本的には法人向けのものです。大規模な設備を使って電気の自動制御をするのが一般的で、個人が家庭で使用してもコストに見合わないでしょう。

そのため、依頼をしてもせいぜい見積もりを出してくれる程度です。ただ、電力会社の見直しをすることで電気代を減らせるようにしてくれる会社もあります。その場合には一般家庭向けの電力供給にも対応していることがあり、依頼を快く受けてくれるでしょう。

サイト内検索
コスト削減電力会社ランキング!
記事一覧