【法人・会社向け】電力コストを削減するなら!おすすめの電気料金(電気代)コストダウン会社5選をご紹介!

電力会社を変更するメリットとは?逆にコストが上がる事例も紹介!

2016年4月から始まった電力完全自由化によって消費者は好きな電力会社を選ぶことができるようになりました。

しかし多くの電力会社が生まれた結果、選び方が難しいところがあります。

今回は電力会社を変更するメリットや逆にコストが上がる事例について紹介していきます。

月々の電気料金が安くなる可能性がある

電力コスト削減業者に契約を結ぶことによって期待されていることは、電気料金が安くなることではないでしょうか。

今までであれば地域独占で契約する会社が決まっており、料金プランにおいてもあまり選ぶ余地がなかったです。

それに対して、自由化によって様々な会社が出てくるようになったおかげで、競争原理が働きます。

競争が働くようになると、いろいろな料金プランが出てきて、利用者にとってお得なプランが出てくるでしょう。

 

これからは単に電気料金を下げるだけでなく、各種割引やポイント付与などのサービスも提供する業者が増えていくでしょう。

それだけでなく、従来の会社にはないセット料金によって電気料金を安くする業者も増えています。

実際に今までの会社から別の会社に乗り換えた時にどのくらい安くなるのかというのは、電気料金の一括シミュレーションのサイトで実際に試してみることをおすすめします。

各会社の料金を比較検討した上で決定するのがよいでしょう。

電気の品質が落ちるということがない

電力コスト削減業者に依頼すると停電が起こりやすくなるのではないかと懸念を抱いている人もいるかもしれません。

十分に電力が供給されるのかどうか不安に感じることもあるでしょう。

結論から述べると、停電が増えるということはまずありませんので、そこのところは安心してください。

送電線という電気が流れるルートについては従来通り地域独占なので、きちんと安定供給されて、電気の質を保証してくれるということです。

 

もし電気が供給されなくても、従来の会社が不足分を補うようになっています。

そのため、新しい会社に契約した人だけ停電が増えるということはまずあり得ません。

仮に天候不順などによって停電が起こっているならば、どこの家庭においても停電が起きるはずです。

災害が起きて停電したとしても、同じような順番で復旧します。

どういう会社に契約しているかによって差別が起こることはありません。

新しい会社だと倒産のリスクがありますが、仮に倒産したからと言ってすぐに停電が起こるということもありません。

倒産してもきちんと電気が供給されるような仕組みになっています。

逆に電気料金が上がる事例とは?

電力コスト削減業者に依頼すると電気料金が安くなるのではないかと思っていても、反対に上がるというケースがあります。

例えば一人暮らし世帯のように消費する電気がもともと少ない人がオール電化プランに契約している場合です。

これらの人たちは従来よりも上がる可能性がありますので、料金比較サイトなどを活用してよく検討してみることです。

 

一人暮らし世帯のようにあまり電気を使わない人にとっては、従来の会社のほうがお得になるケースが多いです。

月々で電気料金が4000円未満、もしくは30A未満の契約のどちらかに該当する人は注意するべきです。

オール電化プランに契約している人はそもそも通常の料金に比べて10%前後安く、夜間割引料金などお得な特典もあります。

電力コスト削減業者に契約するとそのお得な特典が使えなくなるので、デメリットにつながります。

 

電力コスト削減業者に契約を結ぶことによって、電気料金が安くなる可能性があることは大いなるメリットの一つです。

ただし、一人暮らし世帯やオール電化プランに契約している世帯については反対に高くなる可能性がありますので、料金比較サイトなどでよくチェックしてみてください。

新しい会社に契約をしたからと言って、電気の安定供給がされないということはありませんので、そこのところは安心してください。

サイト内検索
コスト削減電力会社ランキング!