【法人・会社向け】電力コストを削減するなら!おすすめの電気料金(電気代)コストダウン会社5選をご紹介!

電力のコスト削減はどこでも導入できる?

公開日:2019/08/15  最終更新日:2019/07/19

電気の供給問題や自由化の影響を受けて、電力のコスト削減のためのサービスを提供している業者も多くなりました。

そのサービスを利用することで上手に電気代を削減したいという気持ちはあるものの、どこでも導入可能なのかというのが悩みになるケースもあるでしょう。

 

契約可能な電圧によって導入できないこともある

電力のコスト削減サービスを導入するのはどこでもできるとは限りません。最も典型的なサービスは業者が電気の供給の担い手となることで電気代を減らせるようにするというもので、現在契約している電気会社での利用にかかる費用に比べて安くできるように工夫してもらうことができます。

単純にその業者が提供している標準プランで契約するだけで従量料金は同じで基本料金が安くなるからコスト削減になるというケースもあるでしょう。電気代削減の方策として最も単純でありながらも効果的なもので、さらに電気代が下がるのが明白なことから契約しやすいのが特徴です。

しかし、導入できないケースとして、契約可能な電圧に対して業者が対応していないというパターンがあります。多くの電気供給を担う業者では、大量の電気を使用していて何とかしてコストを下げたいと考えている企業を相手にソリューションを提示することを想定しています。

そのため、高圧や特別高圧での契約を前提としていて低圧には対応していないことがあるのです。高圧や特別高圧で契約できるようにしようとすると初期投資に莫大な費用がかかるだけでなく、基本料金も上がってしまいやすいので合理的ではありません。

 

高圧や特別高圧でもダメなことがある

契約電圧の関係で導入できないというケース以外にも、コスト削減のためのサービスを十分に活用できないということはあります。契約自体は変更できて、基本料金が安くなるなどの多少のメリットは享受できることが多いでしょう。しかし、業者が電気代を減らせるようにするために提供しているサービスを使えないことがあるのです。

代表的なのが機器を使うもので、機器の設置スペースを確保できないために導入が不可能というパターンがあります。よくあるのが電気代の見える化を実現するためのリアルタイムモニタリングシステムで、消費電力の計測器を設置することでいつでもその瞬間にどれだけ電気が使われているかがわかり、さらに履歴が記録されていつどれだけ使っていたかを過去に遡って調べられるようになるのが特徴です。

広い設置スペースは必要ないものの、計測するのに適した場所に設置できなければ意味がありません。その場所がたまたま混み合っていて設置不可能となると設備的に不備が生じてしまいます。それが理由で導入そのものも断られてしまうケースもないわけではありません。

 

業者を選べばどこでも導入できる

業者によっては契約電圧によって対応できなかったり、設備の設置スペースが問題になったりする場合があるのは確かです。しかし、どの業者でも電力コスト削減のサービスを受けられないということはまずありません。

低圧の契約に対応している業者もあり、ただ契約を変更する以外にも電気代を安くするためのサポートをしてくれるでしょう。また、設備の大きさや種類にもさまざまなものがあるので現場に合ったサービスを提供している業者を選べば問題ないのです。

 

電力コスト削減のためのサービスを導入するには契約電力やスペースが問題になることがあります。高圧や特別高圧での契約を想定している業者は多く、低圧だとサービスを受けられないことは少なくありません。また、サービスを受けるために必要な機器を適切な場所に設置できないと断られてしまうケースもあります。

しかし、低圧でも対応してくれる業者もあれば、機器の設置が問題にならないケースもあるため、業者を厳選すれば有用なサービスを導入できるでしょう。

サイト内検索
コスト削減電力会社ランキング!
記事一覧