【法人・会社向け】電力コストを削減するなら!おすすめの電気料金(電気代)コストダウン会社5選をご紹介!

コスト削減電力会社に依頼する時にかかる費用はどれぐらい?

電力自由化に伴い選択肢が自由になると同時に電気会社同士の競争も生まれたことから、ポイント還元や電気料金の引き下げなど、様々なサービスが実施されるようになりました。

大規模な業者や企業といった電気の消費が大きなところはもちろん、一般の家庭や個人、小さな経営者でも電気会社を変更することでコスト削減につながるケースは珍しくありません。

毎月使用している電気が多ければ多いほど、金銭面の違いを実感することができるのではないでしょうか。

料金だけではなく実績やサービス内容、サポート体制など比較しておかなくてはならない点は多岐にわたります。

数ある中から一つを選ぶとなれば、どこが良いかで悩んでしまうのは当然のことではないでしょうか。

それぞれのニーズに合わせた電気会社を選ぶためにも複数から見積もりを取り比較してから選ぶべきということは頭に置いておくようにしましょう。

料金システムを把握しておくべき

コストの削減を考えるならば、大半の電気料金が基本料金と従量料金で構成されているということや、会社を切り替えることで安くなるのは基本料金の部分であるということも頭に置いておくべきです。

つまり基本料金を比較して選べば良いということであり、この点だけを考えると選ぶのはそう難しいことではなく、基本料金のみ見れば良いということになります。

しかし料金システムが会社により異なったり、ポイント還元や割引制度を設けているケースもあるので比較するのはそう簡単ではないと感じる人が多いです。

 

初期費用の有無と見積もりについて

新電力に切り替えるとなれば気になるのは、初期費用は必要なのかや、必要な場合にはどの程度発生するのかという点ではないでしょうか。

いくら長い目で見るとコストの大幅削減につながるとはいっても、初期費用が負担になってしまい切り替えられないとなっては、頭を悩ませることになります。

しかし基本的には初期費用は不要というケースがほとんどであり心配する必要はありません。

変更するハードルはそう高くはないことは確かと言えます。

業者に依頼し見積もりを取るだけならば無料ですが、代行をしてもらうとなれば料金が発生するので良く比較するようにしましょう。

 

注意しておかなくてはならないポイント

気をつけておくべき点も複数あり、まず特別高圧や高圧として契約しなければならないのか、低圧にも対応しているのかをチェックしておくようにしましょう。

個人や小規模の企業となればそれほど使わないので、低圧に対応していないところとは契約することはできません。

電気会社の中には契約期間が存在しており、途中で解約するとなれば違約金が発生する可能性があり、解約すると損をしてしまうというケースもあります。

割引制度やポイント還元が大きな場合には、解約金や違約金が発生することが多いので気をつけましょう。

もちろん優良な業者が大半ですが、中には良心的とは言えない業者も存在しています。

気をつけなくてはならないのが、機材費や設置料金を請求された場合です。

スマートメーターを交換したらその後は、自動的に新電力に切り替わり、契約の流れとしてはシンプルになっていて手続きだけならば数分という簡単なものです。

通常は機材代や設置費用は無料となっているので、これらの費用を請求してくる業者には気をつけなくてはなりません。

悪徳業者に騙されて無駄な初期費用を支払わなくても良いように、複数をよく比較してから選びましょう

 

基本的に自ら行う電気会社の変更に関しては、初期の負担が発生することもなく無駄な出費で悩むということにもなりません。

機材代や設置も通常は無料で行ってもらうことができるので、電気会社を変更するハードルは低くなっており変更を実施した人が得をする制度と言えます。

信頼できる優良な業者ならば見積もりを取ることも無料となっているので、複数を比較してから選べます。

サイト内検索
コスト削減電力会社ランキング!